包茎手術の種類とは

包茎というものは、世の中の男性を悩ませるものです。ちなみに、包茎についてはいくつかの種類がありますが、根本的に治したいと思ったら手術をするしかありません。
元々世界的に見たときには包茎というのは決して珍しいものではないため、治すという認識とは違ったところはありますが、手術については衛生面や性感の面から見ても行うことが推奨されることが多いです。

包茎手術の種類というのはたくさんあるのですが、その中でも一番メジャーとされているものがあります。
それが、亀頭直下埋没法と呼ばれるものなのですが、これはそれまであった包茎手術にとっての問題点と言われていた、術後のペニスがツートンカラーになってしまうという問題を見事にクリアしたものとなっています。

亀頭直下埋没法は、皮をむいて亀頭を露出させ、余った皮を切り取った上で亀頭のカリと呼ばれる部分で縫合すると言うものです。この方法でペニスは自然な形に仕上がるため、色が違うということで目立つことも無いのです。
ちなみに、手術の腕前によっては全く目立たなくすることも出来るということも言われていますから、クリニックを選ぶときには少しでも腕の良い医師がいる場所を選ぶことが大切となります。

このサイトでは、包茎手術についてのことをもう少し詳しく紹介していきます。それと同時に、クリニックの選び方についても紹介していきますので、現在のところ包茎について悩んでいる人は一度見て欲しいところです。