手術の種類とは

包茎の手術というのは、割とたくさんの種類があるのですが、その中には手術をしたことがはっきりと分かるようなものがあります。包茎が治っていたとしても、包茎であったことがばれてしまっては意味が無いと言うことで、今では手術をしたことが目立たないようにする方法がメジャーとなっています。

この方法は亀頭直下埋没法と呼ばれるものなのですが、手術前の包茎状態から皮をむいて、亀頭を露出させたときにカリの直下、そして内側のピンクの色に分かれるのですが、このピンクの色の部分の皮を中心にして勃起時との差を計算してカットします。
カットした部分をカバーするように、皮を持ち上げ、亀頭のカリの部分に縫合します。縫合した跡は、自然にしわが寄った状態になりますから、傍から見たときにもきれいな仕上がりになるというわけです。

こうした方法を用いることによって、コンプレックスの解消にもなりますし、見た目の部分においても安心することが出来るというわけです。利用する価値は十分にある手術方法というわけです。包茎で悩んでいる人は、この方法をセレクトする割合が実際に高いといわれています。クリニックに行って話しを聞いてみるところからスタートするといいでしょう。